スーパーフードでコレステロールを制限できるってほんと?

コレステロールスーパーフードにはいろいろな効果効能がありますが、その中の一つ「コレステロール」を下げる効果があります。

コレステロールが高すぎると動脈硬化や心筋梗塞などの病気になってしまう事がありますので注意が必要です。

コレステロールを下げるには、まず食生活を見直す事がとても重要です。

ただコレステロールと言うのは、コレステロールの高い食品を食べているからと言って高くなるわけではありません。この辺は結構勘違いされる部分なのですが、血液の中のコレステロールの80%以上は肝臓で作られたコレステロールなのです。

という事は、肝臓で作られるコレステロールを増やさないようにする必要があるのです。

不飽和脂肪酸が多い食品はこの肝臓で作られるコレステロールを下げる役割があります。この不飽和脂肪酸が多く含まれている食品を摂取することでコレステロールを制限、抑制することが可能となるのです。

そこでスーパーフードが出てくるわけですが、スーパーフードの中でも「チアシード」には不飽和脂肪酸でもあるαリノレン酸が多く含まれています。

このため、高血圧を抑制したりコレステロールを下げる効果が非常に大きいスーパーフードと言われているのです。

チアシードは、この他にも血糖値を下げる役割もあります。(当サイト:スーパーフードと血糖値の関係は?を参照)

スーパーフードの中でもコレステロールが気になる方は、ぜひこのチアシードを試して欲しいと思います。

コレステロールを下げる食品って他に何があるの?

スーパーフードでもあるチアシードがコレステロールを下げてくれる効果が高い事はご理解頂けたかと思います。そこでココではスーパーフード以外でもコレステロールを下げる効果の高い食品をご紹介したいと思います。

 青魚
 オリーブオイル
 大豆
 えごま油
 豚肉
 海藻
 りんご
 ヨーグルト
 チーズ

このような食品はコレステロールを抑える効果が高いと言われています。スーパーフードチアシードと比較をするとチアシードの方が効果は高いですが、これらも普段の食生活で気にして摂取するようにして欲しい食品となっています。

ただこれらの食材を使ったレシピを毎日考えるのも大変だと思います。そこで最近ではスーパーフードが簡単に摂取出来る商品も販売されています。

当サイトでも売れ筋スーパーフード!という事でお伝えしていますので、ぜひそちらもご参考にしてください^^