スーパーフードと血糖値の関係は?

血糖値スーパーフードと血糖値の関係についてになります。スーパーフードの中には血糖値を下げてくれる役割が強いものがあります。

スーパーフードの中で一番血糖値を下げてくれるのは「チアシード」。当サイトでも何回も出てきているスーパーフードですね!

ではチアシードがなぜ血糖値を下げてくれるのでしょうか?

それにはチアシードに含まれている2つの成分が大きな理由となるのです。

では次に血糖値を下げるチアシードの2つの成分についてまとめてみたいと思います。

血糖値を下げるスーパーフード「チアシード」の成分とは?

チアシードの成分の中で血糖値をさげる成分が以下の2つになります。

このという成分は、オメガ3とも呼ばれる成分です。カラダの中では生成することが出来ない成分ですので、食事など外部から補給をしないといけません。このαリノレン酸は血液の中のコレステロールを下げたり、アレルギー症状を抑えてくれる作用があります。このため、チアシードは血糖値を下げてくれるので、糖尿病などの予防にも最適なスーパーフードと言えるのです。

αリノレン酸という成分はDHAやEPAに変化します。これらが血液をサラサラにしてくれますので、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病などの予防にもなるのです。チアシードにはグルコマンナンという成分も含まれており、このグルコマンナンは糖やコレステロールの吸収を抑える効果があります。

この働きのおかげで血糖値の上昇を防いでくれるのです。こういった理由からもスーパーフードは血糖値の上昇を防ぐ効果があると言う事ですね!

もし血糖値でお悩みの方はスーパーフード「チアシード」を摂取するのも良い方法だと思いますよ^^