スーパーフードはビタミンの宝庫!その魅力を解説します!

ビタミンスーパーフードにはビタミン類が豊富に含まれています。ビタミンと言ってもいろいろですが、特にビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンDを含んでいるスーパーフードが多くなっていますね。

ではまず、どのスーパーフードにどんなビタミンが含まれているのかをまとめてみましょう!

カムカム ビタミンC
アサイー ビタミンE
カカオ ビタミンC
クコの実(ゴジベリー) ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンE
ブロッコリースプラウト ビタミンE ビタミンC
スピルリナ ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンE
マカ ビタミンE ビタミンE群
ビーポーレン ビタミンC ビタミンB ビタミンD ビタミンE
マキベリー ビタミンC

スーパーフード別でビタミンの含有を比較してみました。この表を見ると、クコの実(ゴジベリー)、スピルリナ、ビーポーレンが特にビタミン類が豊富に含まれている事がわかりますね。

ではこのビタミン類が含まれている事によって、スーパーフードを摂取するとどんな良い事があるのでしょうか?次にビタミンの効果についてお伝えしたいと思います。

スーパーフードに含まれるビタミンにはどんな効果が期待出来るのか?

スーパーフードには先ほどお伝えしたように、たくさんのビタミン類が含まれています。ではそのビタミン類にはどんな効果が期待出来るのでしょうか?

 ビタミンE:抗酸化作用がありカラダに良いと言われるビタミンEですが、生活習慣病の予防や改善、老化防止(アンチエイジング)、ホルモンの分泌を整える効果があります。またビタミンEという成分は不妊症の研究がきっかけで発見されたビタミンという事です。ただサプリメントなどで過剰摂取をすると骨粗しょう症などを引き起こす事もありますので、適正な量の摂取を心がけてください。

 ビタミンC:ビタミンCには疲労回復を促す効果が高いと言われています。酸化防止による美容効果や免疫機能強化による病気を予防する効果もビタミンCの大金あ特徴ですね。血流を良くしたり、ストレスへの抵抗を高めたりもしてくれますので、その結果、疲労回復への効果が高くなるのです。

 ビタミンD:ビタミンDは水に溶けやすい種類ではなく、油に溶けやすいビタミンとなっています。しかもビタミンDと言うのは実は6種類もあるのをご存知でしたか?このビタミンDにはカルシウムのバランスを整えたりする効果もあり、その結果、骨を健康に保つ為に働いてくれる栄養素なのです。免疫力のアップやガンや糖尿病などの生活習慣病などにも有効なのでは?という研究結果が出ているようですね。

 ビタミンB:ビタミンBはご存知の方も多いかと思いますが、B1、B2といったいくつもの種類があるビタミンとなります。ビタミンB1が不足しているとカラダがだるくなったり疲労感が出てきます。これにビタミンB1は大活躍をしてくれます。その理由は糖質をエネルギーに変える力があるからです。また脳のエネルギー源はブドウ糖ですので、このブドウ糖をエネルギーに変換するのはビタミン1が必要になります。このビタミンB1を摂取することでアルツハイマーの予防などの効果もあると言う事が言われています。とても大事な成分ですよね。

スーパーフードにはこのようなビタミン類が豊富に含まれています。風邪の予防になったりダイエット効果もあったりと万能なビタミンですので、しっかりとあなたのカラダに入れておきたい栄養素の一つですね^^

2016年8月29日 スーパーフードはビタミンの宝庫!その魅力を解説します! はコメントを受け付けていません。 スーパーフードのビタミン